結婚指輪の歴史とは

結婚指輪に込められた意味

結婚指輪の意味とは?

結婚指輪は古代ローマ時代にあたる9世紀から始まった習慣であると言われており、ローマ教皇が約束事を制約する印である鉄の輪を結婚の誓いとして使い始めたというのが最初と言われています。結婚式の時の指輪交換は夫婦として歩んでいく誓いを形に表すことと言われ、永遠に途切れることのない愛情を表現した丸い結婚指輪は、常に身に付けることで相手の存在を感じることができ、夫婦の絆を深め、愛が続くようにと祈りが込められています。

↑PAGE TOP