誕生日にペアの指輪を

誕生日にはペアの指輪で喜ばせる

ペアの指輪、誕生日祝い

パートナーにプレゼントとしてペアリングを手渡すのも、喜ばれやすいアクションとも言えます。仮に相手が8月生まれならば、貴石として有名な「ダイヤモンド」がはめ込まれたリングを、プレゼントするのも良いのです。「ダイヤモンド」は純粋、永遠の誓いという意味を持ちますから、パートナーに手渡すのは、かなり縁起が良いのです。ペアの指輪でも、誕生日に渡すならば、誕生石は意識すると、また違った幸せが生まれるかも分からないのです。指輪の材質は24ゴールド、18ゴールド、ホワイトゴールド、プラチナなどありますが、シルバーでも構わないのです。

ペア指輪を作るときのポイント

婚約指輪(エンゲージリング)は男性から女性に婚約の証として贈りますが、結婚指輪(マリッジリング)はペアで作って、結婚式でお互いに交換します。一般的にエンゲージリングはダイヤモンドや誕生石をあしらった、凝ったデザインが多く、婚約期間中は身に着けますが、結婚後はパーティーなどのハレの席以外、日常生活では着用しません。マリッジリングは、日常生活でつけっぱなしのことが多いため、仕事や家事の差し障りにならないよう、宝石や輝石のないシンプルなデザインが好まれます。マリッジに限らず、ペアリングを作るときは、身に着けたままで日常生活に支障のないデザインがおすすめです。

↑PAGE TOP